くらし情報『いろんな家族の形。ベルリンの家庭』

2021年6月10日 10:48

いろんな家族の形。ベルリンの家庭

海外に住むようになって楽になったことの一つには(大変になったことも同じようにあるのですけど)、家族の形に決まりがないこと。

日本に住んでいた時、私はシングルマザーで4人の子供のお母さんで、働きながら子育てをして子供は学童に通っていました。そのときの肩身の狭さといったら(笑)!やっぱり世間体ってあるんですよね、離婚。白い目で見られるとはこのことか!と痛感したあの頃。シングルママ、しかも子沢山ていう。それで私もいろいろ嫌な思いもしましたし、子供たちも結構大変だったかなぁと思います。まだまだ日本は離婚、シングルマザーの壁は高いですよねぇ。

しかーし!ベルリンに住む前に住んでいたブラジルでもそうだったのですが、離婚なんてめちゃくちゃザラ。「今週はパパんちだから、お迎えはパパなの~」と離婚後もお母さんちとお父さんちを行き来している子供が離婚家庭の常識みたいな感じ。法律のおかげもあるかもしれませんが、お父さんが養育放棄とか何もかもお母さんに押しつけられるとかは聞いたことがありません。そして離婚に対する社会の許容も大きかったように思います。

いろんな家族の形。ベルリンの家庭


学校の父母会にはどちらも一緒に互いのパートナーを連れてやってくるなど当たり前すぎて、一体誰が誰の本当のお父さんなのかとかわからないくらい色々な大人に囲まれて育まれていく子供たち。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.