くらし情報『女性の不妊治療とは?治療の種類や妊娠確率、かかる費用をご紹介』

2021年6月25日 09:00

女性の不妊治療とは?治療の種類や妊娠確率、かかる費用をご紹介

女性の不妊治療には、タイミング法や人工授精、体外受精などさまざまな方法があります。女性の年齢や不妊の原因などによって適した不妊治療は異なり、産婦人科の先生と相談しながら決めていくのが通常です。

ただ不妊治療を始めるにあたり、どのような治療方法があるのか知りたい人も多いでしょう。そこで今回は、不妊治療における代表的な治療方法を紹介します。

女性の不妊治療とは?

目次

・女性の不妊治療とは?
・不妊治療でよくある質問
・まずは検査をして不妊の原因を調べよう!
女性の不妊治療とは?治療の種類や妊娠確率、かかる費用をご紹介


代表的な不妊治療には、タイミング法・人工授精・体外受精・顕微受精があります。それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

1.自然妊娠を目指すタイミング法
不妊治療で初めに行うのが、自然妊娠を目指すタイミング法です。基礎体温の計測に加え、おりものの状態や卵胞の大きさなどから排卵日を正確に把握し、性交渉を行います。排卵が見られない場合は、排卵を促す排卵誘発剤を使用することも。

2.人の手を介して受精させる人工授精
男性の精液を女性の子宮内に注入して妊娠を目指す方法を人工授精といいます。人工授と聞いて人為的に妊娠させる印象がありますが、人の手を介す不妊治療のなかではもっとも自然な方法です。

3.体の外で受精させる体外受精
体外受精は、タイミング法や人工授精でも効果が見られなかったときに用いられる治療方法です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.