くらし情報『女性の不妊治療とは?治療の種類や妊娠確率、かかる費用をご紹介』

2021年6月25日 09:00

女性の不妊治療とは?治療の種類や妊娠確率、かかる費用をご紹介

その名の通り、体外で精子と卵子を受精させてから子宮内に戻す方法をいいます。

4.ガラス管等を使い受精させる顕微授精
顕微授精は体外受精の一種で、体外で受精させてから子宮内に戻す方法になります。ただ受精方法に違いがあり、顕微授精はガラス管を使って精子を卵子に注入し受精させます。一方、体外受精は精子の力に頼るのが一般的です。

不妊治療でよくある質問

女性の不妊治療とは?治療の種類や妊娠確率、かかる費用をご紹介


初めて不妊治療を行う人は、疑問に感じていることもあるはずです。ここでは、不妊治療でよくある質問をまとめました。不妊治療に関する疑問がある場合は、事前に解消しておきましょう。

不妊治療にかかる期間は?
不妊治療はなるべく早く妊娠することを目指しますが、不妊治療開始から1年以内の妊娠を目安にしましょう。通院頻度はタイミング法が月に1回、人工授精は月に2〜3回、体外受精は月に5回程度になります。治療方法によって通院頻度は変わるので十分に注意しましょう。

不妊治療の費用はどれくらい?
不妊治療を始めるにあたり気になるのが、費用面ですよね。タイミング法は保険が適用されるので、1回数千円程度です。人工授精は保険適用外で1回1〜2万円、体外受精や顕微授精も保険が適用されないため1回20~60万円ほどかかります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.