くらし情報『5歳児の身長はどれくらい?注意すべき低身長、5歳児の平均もご紹介』

2021年6月30日 12:00

5歳児の身長はどれくらい?注意すべき低身長、5歳児の平均もご紹介

年長さんにあたる5歳児の平均身長はどれくらいかご存知でしょうか?個人差がある身長ですが、注意しておきたい「低身長」というものがあります。この記事では、5歳児の平均身長や、低身長についてお伝えしていきます。

5歳児の身長はどれくらい?男女別平均身長

目次

・5歳児の身長はどれくらい?男女別平均身長
・成長曲線を描いてる?
・低身長は病気のサイン?
・子どもの成長を知ることが、病気の早期発見につながる
5歳児の身長はどれくらい?注意すべき低身長、5歳児の平均もご紹介


まずは、5歳児の平均身長を見ていきましょう。男女ともに令和元年度のデータを基にしています。

5歳児、男の子の平均身長
男の子の平均身長は、110.3cmです。5歳~6歳の間に平均6.1cmほど身長が伸びるという結果がでています。

5歳児、女の子の平均身長
女の子の平均身長は、109.4cmで男の子との差はほとんどありません。女の子の5歳~6歳の間の伸びは平均6.3cmと男の子よりも伸び率が高い結果となりました。

成長曲線を描いてる?

5歳児の身長はどれくらい?注意すべき低身長、5歳児の平均もご紹介


母子手帳の成長曲線を描き続けているママも多いと思いますが、この成長曲線は子どもの健康管理にとっても重要な役割を果たすものです。ここでは、どんなときに役立つのかをお伝えしていきます。

子どもの成長が一目でわかる
成長曲線は描き続けることで、生まれた時からの身長や体重の増加が一目でわかります。成長の記録としても残しておけるので、描くのを途中で止めてしまっている方は、わかるところからでも描いておきましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.