くらし情報『4歳児の男の子が言うことを聞かない?反抗期に見られる特徴を紹介』

2021年6月26日 09:30

4歳児の男の子が言うことを聞かない?反抗期に見られる特徴を紹介

子供の成長過程にはさまざまな時期があり、4歳となった男の子に現れる特徴に対して苦労している親も多いでしょう。しかし4歳児の男の子における反抗期の特徴を理解していると子育ての不安が軽くなり、心に余裕を持って子供と向き合うこともできます。

そこで当記事では4歳の壁の概要や反抗期の特徴、対処法についてみていきましょう。

4歳の壁とは?

目次

・4歳の壁とは?
・4歳児の男の子に見られる反抗期の特徴は3つ
・4歳児の男の子に効果的な2つの対処法
・4歳児の男の子が反抗するのは成長の証
4歳児の男の子が言うことを聞かない?反抗期に見られる特徴を紹介


4歳になると「感情のコントロールがうまくいかない」「場面にそぐわない言葉を使う」などの特徴が現れます。この頃は言語と知能が急激に発達する時期であり、話せる言葉も増え日常生活の会話は大方できるようになるでしょう。

子供自身も自分の成長に不安を感じ、うまく感情を表現できないことで4歳の壁と言われる行動につながるのです。

4歳児の男の子に見られる反抗期の特徴は3つ

4歳児の男の子が言うことを聞かない?反抗期に見られる特徴を紹介


言語や知能が発達し、自分でできることが増えてくるのが4歳児です。以前と比べて会話がしやすくなった一方で、親が困ってしまうような行動を取るようにもなります。

4歳児の男の子の行動を理解しておくことで、子育ての不安は軽減されるでしょう。ここでは4歳児の男の子の反抗期の特徴を3つ紹介します。

1.親に対して反抗的な態度を取る
親の言うことに対して反抗的になります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.