くらし情報『4歳児の平均身長ってどれくらい?身長を伸ばす3つの対処法も紹介』

2021年6月26日 16:16

4歳児の平均身長ってどれくらい?身長を伸ばす3つの対処法も紹介

4歳児は親の言葉を理解できるようになり、興味の範囲が広がるなど、子供にとって大切な時期といえます。また体も大きくなる時期であり、子供の体が順調に大きくなっているか不安に感じることもあるでしょう。

しかし4歳児の身長について理解しているとその不安も軽減できます。当記事では4歳児の平均的な身長や身長が低くなる原因、身長を伸ばす原因についてみていきましょう。

4歳児における平均的な身長とは?

目次

・4歳児における平均的な身長とは?
・4歳児の身長が低くなる主な2つの原因
・4歳児の身長を伸ばすための3つの対処法
・子供の低身長が気になる場合は医師に相談
4歳児の平均身長ってどれくらい?身長を伸ばす3つの対処法も紹介


4歳児の平均的な身長は男の子で102〜105cm、女の子が100〜104cmになります。4歳児は1年間で6〜7cm伸びることが多く、男の子は女の子より1〜2cm背が高いです。

成長は子供によって大きく差があるものなので、平均身長も大切ですが成長曲線通りにも注目しましょう。成長曲線に沿って背が高くなっていれば過度に不安に思う必要はありません。

4歳児の身長が低くなる主な2つの原因

4歳児の平均身長ってどれくらい?身長を伸ばす3つの対処法も紹介


子供の身長が伸びるスピードには個人差がありますが、自分の子が4歳の時に周りの子供と比較して身長が大きいのか、小さいのかは気になる方は多いでしょう。周りの子供と比較して身長が低かった場合、身長が伸びない原因を知りたいと思うものです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.