くらし情報『4歳児の言葉の遅れが気になる?一般的な発達状況や疑問点などを紹介』

2021年6月26日 12:17

4歳児の言葉の遅れが気になる?一般的な発達状況や疑問点などを紹介

4歳の子供は親の言葉をよく理解できるようになり、できることも増えていく頃です。しかし子供が成長する中で、年齢通りに言葉が発達しているかを不安に感じる親も多いでしょう。

安心して子育てできるように、当記事では4歳児における言葉の発達状況や疑問点などをみていきましょう。

4歳児における言葉の発達状況とは?

目次

・4歳児における言葉の発達状況とは?
・4歳児の言葉でよくある2つの疑問点
・幼児期の吃音は気にしないことが重要
4歳児の言葉の遅れが気になる?一般的な発達状況や疑問点などを紹介


体の成長や社会性の発達など、4歳という年齢が子供にとって大きな変化が現れる頃です。言葉についても同様で、さまざまな言葉を理解できるようになり、積極的に会話できるようになります。ここでは4歳児における言葉の発達状況をみていきましょう。

自分が持つイメージを伝えられる
自分で思いついた話や頭の中のイメージを友達や保育園の先生に伝えられるようになります。覚えた言葉を繰り返し使い、一生懸命に伝えるのがこの頃の特徴です。

子供の声に耳を傾け理解を示してあげることで、子供はより自信を持って話せるようになるでしょう。

過去や未来などを理解して話す
「昨日は〇〇くんと遊んだ」「明日は〇〇を食べる」など過去や未来の話をできるようになります。時間の感覚が身についてくる頃で「昨日は何をしたの?」といった質問によって、さらに時間の感覚が身に付くでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.