くらし情報『子なしの専業主婦の生活って?割合やメリット・デメリットを紹介』

2021年6月29日 08:30

子なしの専業主婦の生活って?割合やメリット・デメリットを紹介

周りでも、子なし夫婦が増えてきていますが、その妻が専業主婦という夫婦もいるでしょう。子なし夫婦で専業主婦には、どんなメリットやデメリットがあるのか、その割合とともに紹介します。

子なしで専業主婦の割合はどのくらい?

目次

・子なしで専業主婦の割合はどのくらい?
・子なしで専業主婦のメリットは?
・子なしで専業主婦のデメリットは?
・自分なりの幸せや生きがいを見つけよう
子なしの専業主婦の生活って?割合やメリット・デメリットを紹介


2015年、厚生労働省が発表した調査の結果から、子どものいない夫婦、つまり子なしの夫婦で妻が専業主婦、または学生の割合は26.0%。子なし夫婦の妻で、仕事をしている人の割合は72.8%となっています。

約40年前の1977年、専業主婦または学生は43.0%であるため、徐々に子なし夫婦で専業主婦は少なくなってきているようです。

子なしで専業主婦のメリットは?

子なしの専業主婦の生活って?割合やメリット・デメリットを紹介


子どものいる専業主婦や子なしで共働きの主婦と違って、子なしで専業主婦にはどんなメリットがあるのでしょうか。

時間に余裕があるので好きなことができる
仕事をしている人に比べ、1日のスケジュールを好きなように決められるため、自分の好きなことを時間を気にせずにできます。 家事や趣味など、誰にも邪魔されずに自分のペースで進められるのです。予定も入れやすく、遠出や旅行にもすぐに行けます。

人間関係で悩むことが少ない
子どもがいると、ママ友の付き合いや学校関係、また仕事をしていれば職場の人間関係といったわずらわしい人間関係も、専業主婦なら関係ありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.