くらし情報『子なし夫婦は離婚率ってどのくらいなの?離婚理由と回避の方法とは』

2021年6月29日 12:00

子なし夫婦は離婚率ってどのくらいなの?離婚理由と回避の方法とは

子どものいない子なし夫婦の離婚率は、子どものいる夫婦にくらべて、統計上では高くなっています。なぜ離婚率が高いのか、その理由と離婚を回避する方法もあわせて紹介します。

子なし夫婦の離婚率はどのくらい?

目次

・子なし夫婦の離婚率はどのくらい?
・子なし夫婦が離婚を考える理由と背景とは
・子なし夫婦が離婚しないためには
・離婚を回避したいならお互いの努力が大事
子なし夫婦は離婚率ってどのくらいなの?離婚理由と回避の方法とは


子なし夫婦の離婚率はどのくらい? 年々、少しずつ割合が増えている子なし夫婦ですが、離婚に関しては子どものいる夫婦と比べてどのような割合になっているのでしょうか。

厚生労働省から発表された、平成20年の離婚件数に関する統計結果では、子どもがいる、またはいない場合のの離婚件数は以下のとおりです。

・子どもがいる:143 834人
・子どもがいない:107 302人

子なし夫婦の割合は、2010年では6.4%。しかし、離婚件数から計算すると、子なし夫婦の離婚の割合は全体の43%にもなるのです。この結果から、子どもがいる夫婦に比べて子なし夫婦は離婚率は高いといえるでしょう。

子なし夫婦が離婚を考える理由と背景とは

子なし夫婦は離婚率ってどのくらいなの?離婚理由と回避の方法とは


子なし夫婦が離婚を考える理由や背景には、どんなことがあるのでしょうか。子どもがいる夫婦との違いも気になります。

結婚後、価値観が変わってきたため
結婚前はお互いに、子どもはいらないと話し合っていたのに、結婚後、どちらかが「やっぱり子どもが欲しい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.