くらし情報『妊娠したかも……中絶? 出産? 赤ちゃんにも母体にも幸せな選択とは』

2021年7月13日 10:45

妊娠したかも……中絶? 出産? 赤ちゃんにも母体にも幸せな選択とは

まさか妊娠……?そんな時こそ、落ち着いて考えよう
自宅で男児を出産後、適切な保護をせずに死なせ、遺棄。
空港内のトイレで女児を出産後、殺害し公園に遺棄。
商業施設のトイレで男児を出産直後に殺害。

後を絶たない、痛ましい事件。

彼女たちの多くは、妊娠がわかったとき、どうすればよいのか、誰に相談すればよいのか、何もわからなかったのかもしれません。

自分自身や家族、知り合い。望まない妊娠は決して他人事ではありません。取返しのつかない事態にいたる前に、何ができるのかをまとめてみたい。そう、思いました。

時間内なら緊急避妊
まず、避妊なしで性行為をしてしまった場合、そもそも望まない妊娠を避けるための方法として、緊急避妊ピルまたは緊急避妊リング、という方法があります。いずれの方法も安全性が確立された方法ですが、性行為後72時間又は120時間以内である必要があり、医師による処方が必要となります。

中絶って必ずできるの?
けれど、中絶は必ずできるわけではありません。まず、母体保護法に定められた以下の2つの条件を満たす必要があります。

妊娠の継続や分娩が、その女性の身体的又は経済的問題によって、健康を著しく害するおそれがある場合
暴行や脅迫によって望まない妊娠をした場合

その上で、医師が本人及び配偶者の同意を求めることになりますが、例外として

配偶者が死亡、行方不明になっている場合、意思表示できない場合、は本人同意のみでよく、性暴力を受けたケースもこの例外にあたります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.