くらし情報『虐待は大人になってからも影響を及ぼす!虐待から立ち直るための方法』

2021年7月10日 13:49

虐待は大人になってからも影響を及ぼす!虐待から立ち直るための方法

暴力や育児放棄など、子供の頃に心身に受けた虐待は、心に大きな傷を残します。その傷は虐待を受けないようになっても、大人になってからも消えることなく、様々な悪影響を及ぼすのです。

今回は虐待が与える影響と、虐待のトラウマを克服する方法についてお話します。

虐待は大人になってからも深刻な影響がある

目次

・虐待は大人になってからも深刻な影響がある
・子供の頃の虐待によるトラウマの克服方法
・虐待の影響で悩んでいるなら周囲に相談しよう
虐待は大人になってからも影響を及ぼす!虐待から立ち直るための方法


子供の頃に受けた虐待は、幼少期から大人まで深刻な影響を与えます。具体的にはどのような影響があるのか見てみましょう。

幼少時の虐待は脳に影響を及ぼすことも
身体も心も発達途中の幼少期に虐待を受けた場合、脳の成長に影響が及び、脳の機能や精神構造に永続的なダメージを受ける恐れがあります。

虐待は脳内で分子レベルでの神経生物学的な反応が起こる原因となり、神経の発達を阻害する可能性があるのです。また、虐待を受けたことによるストレスが認知機能の発達を妨げるため、学習障害や精神障害を引き起こすこともあります。

青年期~大人は精神面の問題に悩まされる
子供の頃に受けた虐待は、長い時間が経って大人になってもトラウマとして残ります。その結果、うつ病やアルコール依存、摂食障害、不眠症、パニック障害などの精神面の問題に悩まされることになるのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.