くらし情報『頭が大混乱! 発達に偏りがある子の就学準備 <前編>』

2021年7月9日 10:54

頭が大混乱! 発達に偏りがある子の就学準備 <前編>

小さく生まれた奏ちゃんですが、来年はいよいよ小学生です。

正直、うれしいような、みんなについていけるのか心配なところです。まだ、ひとりでトイレと着替えできないけど、大丈夫かなぁ……。

奏ちゃんの場合、赤ちゃんの時から「発達に偏りがある。ADHDかもしれない」そういう風に理解していたので、療育も早い段階で初めることができ、それに伴って就学準備も早い時期から初めることができました。それでも、どこから手をつけていいのやら、と始める前は頭を抱えていました(今も進行形ですが)。

なので、3歳児検診や、幼稚園などで先生から指摘されて、初めてADHD、ASDなどを気にするようになったご家族ですと、それを受け入れるのにも時間がかかるでしょうし、そこからさらに面倒な就学準備なんて……という感じだと思います。

先日、発達に偏りがある子どもの就学について保育園幼稚園の先生が読まれる専門誌で取材をお願いされたのですが、コロナ禍で学校見学の撮影をしてもらうなどは難しいと思ったので、お断りすることになりました。ですが、知りたいなと思う方も多いと思うので、少し動きを書いておこうと思います。

(あくまで、奏ちゃんの就学準備についてですし、私の理解の範囲で書いているので何か間違えていることがあるかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.