くらし情報『妊娠中期のバランスごはんⅡ「高野豆腐入りルーローハン&トマトときのこの雑穀スープ」』

2021年7月15日 10:04

妊娠中期のバランスごはんⅡ「高野豆腐入りルーローハン&トマトときのこの雑穀スープ」

高野豆腐の戻し汁は50㏄分取りおく。

中火に熱したフライパンに豚肉、にんにく、しょうがを入れ、豚肉と高野豆腐の表面に焼き色がつくまで炒めたら、高野豆腐のみ一旦取り出しておく。

【A】を加えて一度沸騰したら、弱火にして汁気が少なくなるまで煮込み、最後に高野豆腐と五香粉を加えて混ぜ合わせる。

温かい玄米ごはんの上にをのせ、半分に切ったゆで卵と小松菜をそえる。

【コメント】

豚バラ肉ではなく豚ロース肉を使用し、さらに高野豆腐を加えることで、豚肉の脂肪分を抑えながらたんぱく質やカルシウム等の栄養を付加しています。

高野豆腐は煮込みすぎると味が濃くなりすぎるので、豚肉を煮込んだ後の煮汁にさっと絡める程度にしてください。

五香粉を入れることで本格的な台湾の屋台飯「ルーローハン」の味わいが楽しめます。

五香粉が手に入らない場合は、ガラムマサラで代用してもスパイスの香りを楽しめますよ。

トマトときのこの雑穀スープ

妊娠中期のバランスごはんⅡ「高野豆腐入りルーローハン&トマトときのこの雑穀スープ」

具沢山のスープは満足感があります。

【材料(1人分)・調理時間20分】

トマト・・・1/2個

えのきだけ・・・1/3袋

しめじ・・・1/4株

雑穀ミックス・・・15g

小ねぎ・・・適量

ごま油・・・小さじ1
【A】鶏がらスープの素・・・小さじ1/2

【A】しょうゆ・・・小さじ1/2

【A】塩こしょう・・・少々

【A】水・・・150㏄

妊娠中期のバランスごはんⅡ「高野豆腐入りルーローハン&トマトときのこの雑穀スープ」


【作り方】

トマトは一口大に切り、えのきだけとしめじは石突きを除き2等分にする。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.