くらし情報『小学生の女の子が太るのは食生活が原因?肥満に隠れた恐い3つの病気』

2021年7月27日 12:27

小学生の女の子が太るのは食生活が原因?肥満に隠れた恐い3つの病気

子どもが成長すると、食べる量も増えるので太らないか心配になるママも多いはずです。特に子どもの肥満は糖尿病や高血圧など生活習慣病になるリスクを高めるため、子どもが太らないようにしっかり管理したいところですよね。

そこで今回は、小学生の女の子が太る原因になる食べ物や飲み物について紹介します。

小学生における女の子の平均体重は?

目次

・小学生における女の子の平均体重は?
・太る原因になる食べ物や飲み物
・肥満に隠れた恐ろしい3つの病気
・小学生の女の子が太るのは食生活が原因の可能性あり!
小学生の女の子が太るのは食生活が原因?肥満に隠れた恐い3つの病気


小学生の女の子の平均体重は以下のとおりです。

・小学1年生 21.0kg
・小学2年生 23.5kg
・小学3年生 26.4kg
・小学4年生 29.9kg
・小学5年生 34.0kg
・小学6年生 39.0kg

ただ、子どもの成長は個人差があります。身長が高いなら、体重が平均値より少し重くても過度に心配する必要はないでしょう。

太る原因になる食べ物や飲み物

小学生の女の子が太るのは食生活が原因?肥満に隠れた恐い3つの病気


小学生の女の子が太る主な原因は、食生活にあるといわれています。ここからは、どのような食べ物や飲み物をとると太るのか見ていきましょう。

ご飯やパン、パスタなどの炭水化物
食べ過ぎると太る食べ物は、ご飯やパン、パスタなどの炭水化物です。糖質を多く含む炭水化物を摂取すると血糖値が急激に上がり、体内でインスリンが大量に分泌されます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.