くらし情報『子供はよく歯ぎしりをする?原因は睡眠の質やストレスの場合も』

2021年7月27日 13:26

子供はよく歯ぎしりをする?原因は睡眠の質やストレスの場合も

子供が睡眠中にギリギリと歯ぎしりをしているのを見て、不安に感じているママもいるのではないでしょうか?歯ぎしりと聞くと、ストレスなどマイナスのイメージがあるため、どうしても心配になってしまうと思います。

しかし、子供の歯ぎしりは成長過程の一つでもあるのです。この記事では、子供の歯ぎしりの原因や、歯科医を受診する目安をお伝えします。

子供の歯ぎしりはなぜ起こる?

目次

・子供の歯ぎしりはなぜ起こる?
・睡眠の質やストレスが原因の場合もある
・歯ぎしりがクセになる?
・子供の歯ぎしりは成長の証ですが、心配な場合は相談を
子供はよく歯ぎしりをする?原因は睡眠の質やストレスの場合も


子供が歯ぎしりをするのは、なぜでしょうか?まずは、子供が歯ぎしりをする原因についてお伝えします。

子供が歯ぎしりをするのは生理現象
子供は、歯が生え始めたり乳歯が抜けたりと、口内の環境が大きく変化するため歯ぎしりをすることがあるといわれています。1歳未満の歯が生え始めるタイミングで歯ぎしりをする子供も多く、それらは生理現象で成長の証でもあります。歯のかみ合わせを調整する役割もあるそうです。

そのため、成長とともに歯ぎしりがなくなっていく子がほとんどで、過度に心配する必要はありません。

睡眠の質やストレスが原因の場合もある

子供はよく歯ぎしりをする?原因は睡眠の質やストレスの場合も


しかし、なかにはストレスなどの原因が隠れている歯ぎしりもあります。

子供は些細な変化でもストレスを感じやすい
少しの環境の変化や、集団生活でのトラブルなど、大人にとっては些細なことでも、子供にとっては強いストレスを感じることもあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.