くらし情報『【ロシアの最新コロナ事情】世界最速でコロナワクチン接種を開始したロシア、その後……』

2021年7月23日 09:57

【ロシアの最新コロナ事情】世界最速でコロナワクチン接種を開始したロシア、その後……

「ロシア人は、コロナをただの風邪だととらえているらしい」

乳幼児2名を育てながら、駐在員のご主人とモスクワに住む田中ひとみさん(仮名)。ロシア人が大好きという彼女は、とても残念そうです。

ワクチン接種開始から半年経過、2回接種率は10%強にとどまる
2021年7月1日のロシア全土の新規感染者数は、1日だけで約2.4万人。ロシアでの新規感染者数の90%をデルタ株が占めています(注1)。

2020年12月、世界最速で自国製コロナワクチン接種を開始したロシア。すでに自国製ワクチンは4種類開発されました。しかし、国民は「データを操作しているのではないか」「得体が知れない」「とにかく怖い」とワクチンを打ちたがりません。

困った政府は、様々な接種推奨キャンペーンや呼びかけを行っています。
「ワクチン接種者に、抽選で車やアパートをプレゼント!」
「ワクチン接種したら、アイスクリーム無料!」

【ロシアの最新コロナ事情】世界最速でコロナワクチン接種を開始したロシア、その後……

「ワクチン接種者に抽選で100万円程度の車を20名にプレゼント」のお知らせ。モスクワ市ウェブサイトより。

そこまでしないとだめ? でも、これでもだめでした。もともと政府を信用しないという国民性が根底にあるからです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.