くらし情報『新婚夫婦の食費ってどのくらい?月収との黄金比も解説!』

2021年7月23日 12:00

新婚夫婦の食費ってどのくらい?月収との黄金比も解説!

結婚を機に、一緒に暮らすこととなった新婚夫婦の場合、頭を悩ませることになるのが「食費」の問題です。ついつい気合をいれて豪華な料理を作ってしまい、食費が高額担ってしまうケースも少なくありません。では一体、新婚夫婦の食費はいくらほどであれば妥当なのでしょうか。

夫婦の食費の相場はいくら?

目次

・夫婦の食費の相場はいくら?
・食費を節約するには?
・新婚さんの食費は月収の15%!無理なく節約しよう!
新婚夫婦の食費ってどのくらい?月収との黄金比も解説!


月収に対する食費の黄金率は「15%」といわれています。では、新婚夫婦の食費の平均はいくらほどなのでしょう。また新婚の場合と2年目以降の場合とでは、食費の平均は変わるのでしょうか。2つのケースを紹介します。

新婚の場合
新婚における食費の月平均は、4.1万円です。内訳としては、3万円分が自炊であり、1万円が外食費といったケースが多いそう。外食の頻度は月1〜2回程度に押さえているカップルが多く、自炊をメインとしています。
その他にも、昼食は前日の夕飯を再利用するなど声もあり、どの家庭でも食費を抑える工夫をしていることが分かります。

2年目以降も含めると?
新婚に限らず、2人暮らしの世帯では、食費の平均はいくらほどになるのでしょうか。
総務省統計局が発表したデータでは、2人暮らしの場合の平均的な食費は「6.3万円」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.