くらし情報『安産体質は遺伝で決まる?安産の特徴をチェックして安産体質を作ろう』

2021年7月31日 10:00

安産体質は遺伝で決まる?安産の特徴をチェックして安産体質を作ろう

「骨盤が大きい人は安産になる」「親が安産だった人は安産」という話を、聞いたことがある人は多いでしょう。安産になりやすい安産体質には様々な特徴があります。また、それらの特徴は遺伝で決まるのかも気になりますね。

今回は安産体質について、その特徴や遺伝で決まるのかということをお話します。

安産体質の人の特徴をチェックしてみよう

目次

・安産体質の人の特徴をチェックしてみよう
・安産型か難産型は遺伝で決まる?
・安産体質は作れる!今から実践しよう
安産体質は遺伝で決まる?安産の特徴をチェックして安産体質を作ろう


安産になる可能性が高い安産体質には「骨盤がしっかりしている」「標準体形である」「体力がある」の3つが挙げられます。それぞれ詳しく見てみましょう。

骨盤がしっかりしている
骨盤は赤ちゃんの通り道であり、お産でとても重要な骨です。骨盤は「仙骨」と、寛骨(かんこつ)を構成する「腸骨」「恥骨」「座骨」の4つのパーツで成り立っています。

骨盤が広いと赤ちゃんがスムーズに通りやすいため、安産になりやすいです。逆に骨盤が狭いと、通りにくくなるので、お産に時間がかかることがあります。

ただし、ただ骨盤が大きければ良いというわけではありません。大きくても骨盤が歪んでいると、赤ちゃんが通りにくくなってしまうのです。

骨盤の歪みは、日常で足を組む、バッグをいつも同じ方向の肩だけで担ぐなど、バランスの歪みによって引き起こされます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.