くらし情報『頭が大混乱! 発達に偏りがある子の就学準備 <後編>』

2021年7月23日 10:01

頭が大混乱! 発達に偏りがある子の就学準備 <後編>

1回目は母子分離で奏ちゃんは「田中ビネー式知能検査」を受けました。今まで何度か発達検査を受けたことがあるのですが、「新型K式発達検査」が多く、奏ちゃんも教えてくれないので何をやったのかは謎です。ですが、騒いだり脱走したりした感じも見受けられなかったので、がんばって受けてくれたのだと思います。

その間、私は別室で面談員さんに今までの成長過程、受けている療育についての説明をして、今後の流れについてを聞きました。

検査結果はまだ出ていないのですが、この時の面談員さんからの奏ちゃんの印象は、受け答えもできるし「通級か支援学級の自閉症・情緒障害学級というクラスではないか」と言われ驚きました。

療育で「『自閉症・情緒障害学級』というクラスは、区からの書面にも『知的発達の遅れがなく』とあり、発達検査の点数が大体90点以上の子どもを対象にしていて、この90という点数は結構高いんです」と言われたのです。

今回の検査とは違う形式ですが、愛の手帳を取る時の検査で奏ちゃんは84点でしたし、「精神運動発達遅滞と言って軽度の知的障害です」と区の小児科医に言われたこともありました。そして「肢体不自由」ではないということは、残った「知的障害」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.