くらし情報『育児にスマホを活用しよう! 学力も伸びるスマホの使い方とは』

2021年8月6日 10:51

育児にスマホを活用しよう! 学力も伸びるスマホの使い方とは

電車や飲食店にいる時に子どもを静かにさせるだけでなく、たくさんの情報にふれることで子どもの世界も広げてくれるスマホ。さらに今の子どもたちは学校で必ずタブレットを活用していかなければなりません。今回は、スマホを育児に使うメリットと学力・社会力を伸ばすスマホの使い方についてご紹介します。

学校では、1人1台のタブレット端末が与えられる

目次

・学校では、1人1台のタブレット端末が与えられる
・スマホ育児でタブレット操作に慣れておく
・スマホ育児は「1日2時間」まで
・子どものスマホの時間と中身を把握しよう
・子どもとスマホルールを決め、守れたらほめよう
・スマホ育児を子どもの成長につなげよう
育児にスマホを活用しよう! 学力も伸びるスマホの使い方とは


文部科学省のGIGAスクール構想というプロジェクトにより、小学校の児童、中学校の生徒には1人1台のタブレット端末やPCが与えられます。地域により普及、活用率に差はありますが2023年までにICT教育の実現に向けて進んでいます。

「スマホ育児」とは?
「スマホ育児」とは、スマートフォンやタブレットを育児に利用することです。知育やしつけ用のアプリを親子で利用すること、また子どもに端末を持たせ好きなように遊ばせておくことや、親がスマホを操作しながら子守りをする状態などを指すこともあります。

スマホ育児でタブレット操作に慣れておく

育児にスマホを活用しよう! 学力も伸びるスマホの使い方とは


これまでの入学前準備というと、ひらがなやカタカナ、簡単な算数の問題を解けるようにしておくことが一般的でした。しかし、GIGAスクール構想によりすでにタブレットで教科書を読んだり、動画を見て学習を進めている学校もあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.