くらし情報『難産になる人に多い2つの傾向って?予防策とあわせて解説!』

2021年8月1日 12:31

難産になる人に多い2つの傾向って?予防策とあわせて解説!

冷え性とはつまり血行が悪いということです。血液の循環が悪いと胎児に十分な栄養が届きにくく、結果的に難産のリスクを高めてしまいます。普段から冷え性だという方は、できるかぎり改善に努めましょう。

太っている人
太っている人もお産に時間がかかりやすいです。肥満体型の場合、出産時に胎児が通る「産道」にも脂肪がついてしまっていることが多いためです。 スムーズに赤ちゃんが生まれるためには、この産道にある程度スペースを確保できていることが条件となります。妊娠中でも、ある程度は運動しておくと良いでしょう。

難産を回避するためには、何をすればいい?

難産になる人に多い2つの傾向って?予防策とあわせて解説!


では、難産を回避するためには、何をしたら良いのでしょうか。ここでは、食生活と適度な運動といった2つの方法について解説します。ぜひ実践して、安産で元気な赤ちゃんを産んでください。
バランスのとれた食生活を心がける
妊婦さんにとって、食生活を管理することは非常に重要です。胎児へ十分に栄養が行き渡らないことも、産道に脂肪が付きすぎることも難産のリスクを高めてしまいます。高カロリーな食事は控えつつ、バランスのとれた食生活を心がけてください。

適度な運動をする
先程もご説明したとおり、妊婦さんにとって適度な運動はとても大切です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.