くらし情報『難産は産後うつになりやすいって本当?産褥期の過ごし方を考えよう』

2021年8月2日 08:32

難産は産後うつになりやすいって本当?産褥期の過ごし方を考えよう

妊娠中の方は、産まれてくる赤ちゃんへの期待とともに、さまざまな不安も抱えながら日々を過ごしているでしょう。その心配事のひとつとして「難産の可能性」などを考えている方も多いのではないでしょうか?今回は、難産であった場合の「産後の過ごし方」について解説します。

難産の場合、産後にしなければならないことは?

目次

・難産の場合、産後にしなければならないことは?
・難産により心配される2つのリスク
・難産の場合は、ストレスに注意して生活しよう!
難産は産後うつになりやすいって本当?産褥期の過ごし方を考えよう


難産となる可能性は誰にでもあります。そこで万が一難産であった場合、産後どのように対応すればよいのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。ここでは、難産を乗り越えたお母さんが、産後どのように過ごせば良いのか解説します。

基本は通常の産後と同じ
難産であっても、基本的には産後の過ごし方に変わりはありません。お母さんがまず優先しておこなうべきことは、身体を休めることです。 特に、30時間以上のお産を経験したお母さんは、身体的にも精神的にも疲れ果てているはず。まずはゆっくり身体を休めておきましょう。

ストレスには注意して!
難産を乗り越えたお母さんが、特に注意しなければならないのは「ストレス」です。産後2週間は、最低限の赤ちゃんのお世話以外のことは、周囲の人間に頼ってしまうことをおすすめします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.