くらし情報『添い乳による赤ちゃんの窒息死を防ぐためには?【気になる!教育ニュース】 』

2021年8月11日 10:31

添い乳による赤ちゃんの窒息死を防ぐためには?【気になる!教育ニュース】 

大学入試改革、プログラミング、英語教育……。教育の世界がなにやら騒がしい。このコーナーでは、最近気になった教育関連のニュースをピックアップして紹介します!

第55回添い乳に潜む危険赤ちゃんの窒息死を防ぐためには?添い乳で赤ちゃんが窒息死
長男を出産し、何より大変だったのが夜泣きでした。とにかく泣く。泣き続ける。ところが、生後3か月くらいの時のこと。横になったままおっぱいをあげる、いわゆる添い乳をしたところ、母と密着する安心感があるのか、良く寝てくれたのです! 以来、夜泣きがおさまらないときには添い乳に助けられました。しかし、添い乳には窒息死のリスクもあるとのこと。

すべての子どもの死亡事例に関して、状況や環境を調査。そして、集まった事例を様々な専門的見地から幅広く検証、分析。それにより、同様の事案に関する予防策についての勧告など、避けられる子どもの死亡を、可能な限りなくすための体制を整える取り組みのこと。2020年から一部の府県で実験的に始まっています。

この調査を行った済生会滋賀県病院・伊藤英介医師の「これは滋賀県だけの数字。全国的にはこの数倍、数十倍の赤ちゃんが添い乳が原因で亡くなっているかもしれない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.