くらし情報『第5回:ワンオペ育児とは真逆! ~南の島の脱力幸福論〜』

2021年8月14日 09:47

第5回:ワンオペ育児とは真逆! ~南の島の脱力幸福論〜

にもかかわらず、ママたちからはむちゃくちゃに感謝されました。夢が叶いましたと。

フィジーで見た、ワンオペ育児の対極にある育児法とは
「アロペアレンティング(共同養育)」という言葉があります。両親以外(祖父母や親戚、血縁のない近所の人など)も育児に関わることを指し、ワンオペ育児の真逆の言葉です。(アロは「他」という意味)

フィジーの育児はまさにこれです。日本のワンオペ育児はひとりに負担がかかりすぎる最重量育児。フィジー育児は負荷分散型の最軽量育児です。

私のパパ友でもあり、男性育休の推進など、父親がより育児に関われるような社会づくりをしている安藤哲也さん(NPO法人ファザーリング・ジャパン 代表理事)は、「父親の子育て参加は、さまざまな社会課題を一気に解消する“一番ピン”」だといいます。パパだけでなく、赤の他人も育児に関わってくるフィジースタイルが日本で受け入れられるかは分かりませんが、もう少し「子育てシェア」が浸透していくと多くのママが救われるのではないかと思います。

親が特別に何かしなくても子は育つ? フィジーから学べること
日本の子育ては、お受験や習い事も含め、やることが満載。よりよい教育を求めた情報収集にもかなりの時間を投下しなければならない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.