くらし情報『怒鳴らないドイツ式子育て』

2021年8月10日 12:09

怒鳴らないドイツ式子育て

ドイツに住んでからみたことがないこと。それは街中で子どもを叱りつける親をみたことがないのです。もちろん例外もあるでしょう。けれどドイツ在住6年にして一度も、お母さんがヒステリックに子どもを怒鳴る場面、叱る場面をみたことがありません。

と言っても、ベルリンには私も含め様々な国籍の人が住んでいるので、怒鳴っている人もいますが、よく聞くとそれはドイツの人じゃないのですよね。なぜだろう。そう思ってお母さんたちをちょっと観察してみました。

一つには、言語の表現の仕方の問題もあると思います。例えば日本語だと「だめでしょ!」とびっくりマークがついて叱ってしまいますが。よく聞くお母さんたちの言い方は「Ich möchte … nicht」(私はーしてほしくないとか、ーがほしくない、とかそういう否定語)を使います。

子どもが言うこと聞かない時、禁止の言葉よりもまず、この言い方が多いようです。しかも冷静にさらっという。ふむ。勉強になるけど、日本語だと言い回しがちょっと難しいかもですよね。咄嗟の時には「コラ!」の方がてっとり早くて(笑)。逆に言うと、そういう手っ取り早い言い方をしない、そういう言い方がドイツ語にない、というのもあるかもしれません(あくまで私の個人的意見と、私のレベルのドイツ語なんで間違いがあるかもしれませんが)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.