くらし情報『卒乳する時期の平均は?卒乳のメリットやコツを解説!』

2021年8月25日 09:00

卒乳する時期の平均は?卒乳のメリットやコツを解説!

個人差にはかなりバラつきがあり、早い子では生後10ヶ月で卒乳したという子もいれば幼稚園に入るまで飲んでいたという子もいます。世界保健機構(WHO)では2歳頃までの母乳育児を推奨しています。

卒乳のメリットやコツ

卒乳する時期の平均は?卒乳のメリットやコツを解説!


赤ちゃんにとって母乳は栄養だけでなくママとのスキンシップという役割も果たしています。そのため無理に母乳をやめさせるのでなく、赤ちゃんが自然に卒乳できる自然卒乳がおすすめです。卒乳のメリットやうまく卒乳するためのコツを紹介します。

卒乳のメリット
卒乳には次のようなメリットがあります。

・スキンシップを長く保てる

授乳している時間は赤ちゃんと向き合い、スキンシップが取れるママにとっても幸せなひとときです。断乳するよりも、赤ちゃんの卒乳を待つ間は授乳という幸せなスキンシップの時間を比較的多く保てるのです。

・赤ちゃんへのストレスが少ない

赤ちゃんが自然と母乳を飲まなくなるのを待つため、断乳よりも赤ちゃんにかかるストレスは少なく済みます。赤ちゃんの意志でやめるので、ママも罪悪感を持たずに母乳をやめることができるでしょう。

・栄養の摂取ができる

母乳やミルクには栄養が豊富に含まれているので、母乳やミルクを飲んでいる間は、栄養をしっかりと摂ることができます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.