くらし情報『陣痛の痛みの時間はどのくらい?陣痛前に起こる兆しを知ろう』

2021年8月24日 12:53

陣痛の痛みの時間はどのくらい?陣痛前に起こる兆しを知ろう

出産を控える女性は、陣痛の痛みがどのくらい続くのか気になっている人も多いはず。陣痛の長さを事前に知っておけば、心構えもできて出産への不安も少しは軽減されますよね。

そこで今回は、陣痛で感じる痛みの時間について紹介します。

陣痛で感じる痛みの時間はどれくらい?

目次

・陣痛で感じる痛みの時間はどれくらい?
・陣痛の始まりには2つの兆しがある!
・陣痛の痛みの経過は大きく3つに分かれる!
陣痛の痛みの時間はどのくらい?陣痛前に起こる兆しを知ろう


出産の経過は3種類あり、「分娩第1期」「分娩第2期」「分娩第3期」に分かれます。陣痛の長さも異なるので、それぞれの特徴を確認していきましょう。

陣痛の痛みが長い「分娩第1期」
もっとも長い陣痛が続くのが、分娩第1期です。分娩第1期は一気に痛みがくるわけではなく、子宮口の開き具合によって陣痛の長さも異なります。

しかし、分娩第1期における痛みの時間は人によって異なるので、いつまで陣痛が続くか分からない不安に襲われる妊婦さんも多いようです。

・子宮口の開き0~2cm(陣痛間隔は約10分)
・子宮口の開き3~4cm(陣痛間隔は約5〜6分)
・子宮口の開き5~9cm(陣痛間隔は約2〜3分)

子宮口が全開する「分娩第2期」
子宮口が10cmに開いたら、分娩第2期に突入します。分娩室に移動したら、赤ちゃんが産道を通りやすくするように体全体の力を抜きましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.