くらし情報『子供の障害は高齢出産と関係がある?考えられる原因とリスクについて』

2021年8月27日 14:33

子供の障害は高齢出産と関係がある?考えられる原因とリスクについて

一般的に、高齢出産にはリスクがあるといわれていますが、子供の障害と関係があるのでしょうか。今回は、高齢出産について考えられる原因やリスクを紹介します。

高齢出産とは何歳から?

目次

・高齢出産とは何歳から?
・高齢出産をするとリスクがある?
・二人目や三人目出産のリスクはある?
・高齢出産のリスクをきちんと理解しよう
子供の障害は高齢出産と関係がある?考えられる原因とリスクについて


高齢出産とは、35歳以上での初めての出産のことをいいます。経産婦の場合でも、40歳以上で妊娠することを高齢妊娠と定めているのです。 女性の社会進出や晩婚化が進み、妊娠・出産する年齢も上がっています。

平成30年度の調べでは、妻の初婚年齢は29.4歳で、昭和60年と比べると3.9歳高くなっていることからも、晩婚化が進んでいることが分かるでしょう。

また、2019年の調べで経産婦も含む35歳以上の出産は、全体の約29%で、3~4人に1人は高齢出産です。2000年では全体の約12%、8~10人の割合だったので、出産年齢も上がっている=高齢出産が増えていることがわかります。

高齢出産をするとリスクがある?

子供の障害は高齢出産と関係がある?考えられる原因とリスクについて


最近は増加の傾向にあり、そう珍しくもなくなった高齢出産ですが、どんなリスクがあるのでしょうか。

リスクがあると考えられる原因は?
高齢出産の場合にリスクがあと考えられる原因に、卵子の老化があげられます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.