くらし情報『三人目の子供はリスクが高い?高齢出産による流産や障害のリスクとは』

2021年8月29日 10:37

三人目の子供はリスクが高い?高齢出産による流産や障害のリスクとは

三人目の妊娠、出産は、一人目や二人目に比べると、母体が年齢を重ねているため、どうしても出産のリスクは大きくなってしまいます。この記事では、高齢出産によるリスクについて、三人目が高齢出産になることのメリットもお伝えします。三人目を希望するママはぜひ参考にしてみてくださいね。

高齢出産になることが多い三人目

目次

・高齢出産になることが多い三人目
・高齢出産によるリスクとは
・三人目が高齢出産、メリットもある
・リスクに備えて、規則正しい妊娠生活を
三人目の子供はリスクが高い?高齢出産による流産や障害のリスクとは


一人、二人と出産し、育児に追われ、三人目を希望するときには年齢を重ね、高齢出産に・・・という方も多いかもしれませんね。ここでは、妊娠、出産の基準となる年齢についてお伝えします。

経産婦は40歳以上の妊娠が高齢妊娠
一般的に初産婦の場合、出産した年齢が35歳以上、経産婦の場合40歳以上の妊娠が高齢妊娠といわれています。女性が社会で活躍できる場が増え、晩婚化が進んでいる現代ですが、妊娠適齢期が変わるわけではありません。35歳頃から卵子の質が低下するという割合も増えているため、なんらかの異常が起こるリスクも高まることがあります。

高齢出産によるリスクとは

三人目の子供はリスクが高い?高齢出産による流産や障害のリスクとは


高齢出産になることで、母体や胎児にどのようなリスクが考えられるのでしょうか。

流産や早産が増える
高齢になるほど、染色体の異常が見つかることも多く、流産の原因となることがあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.