くらし情報『妊娠中のストレスは危険!お腹の子供が発達障害を引き起こしやすい?』

2021年8月30日 10:39

妊娠中のストレスは危険!お腹の子供が発達障害を引き起こしやすい?

妊娠中は、つわりや身体の倦怠感などのさまざまな変化の影響でストレスを感じる方も多いでしょう。しかし、ママのストレスが胎児に影響を及ぼしてしまうこともあるといわれています。

この記事では、妊娠中のストレスと胎児への影響についてお伝えします。妊娠中の方はぜひ参考にしてください。

妊娠中はストレスを感じやすい?

目次

・妊娠中はストレスを感じやすい?
・妊娠中のストレスが影響するもの
・ストレスが原因で胎児が発達障害に?
・妊娠中はストレスと上手に向き合いながらすごそう
妊娠中のストレスは危険!お腹の子供が発達障害を引き起こしやすい?


妊娠してから、イライラすることが多くなったと感じる方も多いのではないでしょうか。まずは、妊娠中に感じるストレスの原因をご紹介します。

母体のトラブル
妊娠すると、妊娠を継続するためにママの身体にはさまざまな変化が起こります。ホルモンバランスが乱れることでつわりが起こったり、気分の浮き沈みが激しくなったりとストレスが溜まりやすい状態ともいえるでしょう。

家事や仕事
妊娠をしても家事や仕事をこなさなければならないため、負担が大きくなりストレスを感じる妊婦さんも多いかもしれませんね。身体がきつい時には、無理をせずに休むことも大切です。ママが無理をすると、赤ちゃんにも負担がかかるということを忘れないようにしましょう。

不安からくるストレス
出産やこれからの育児に対してやっていけるのか不安を感じ、それがストレスになっている方も少なくはありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.