くらし情報『ASDっ子には作文より俳句が向いてる!』

2021年8月25日 14:00

ASDっ子には作文より俳句が向いてる!

公立中学校に通う次女のアタはASD、いわゆる発達障害児。最初はその事実を受け入れられませんでしたが、そのうち、これって普通の子より個性が強すぎるだけなのかも、という心境に。こう言っては不謹慎ですが、障害児を育てるというのは、案外面白いのです。現在、夫は海外に単身赴任中。大学生の長女と私、そしてアタの3人のドタバタライフを書き綴ります。

第42回「自由」って悩ましい!作文が苦手なASDっ子には俳句が向いてる?

夏休みの日記の宿題。地味だけど、毎日書くのは案外大変ですよね。アタも苦手なんです。

「1番印象に残った出来事を具体的に書け」
なんて言われると、何から書いていいか分からなくなっちゃうようで、たった5行に1時間以上固まってることもあります。

小学校で取り組んだ環境日記はテーマが決まっていたし、調べて書くことが多かったから良かったんですが、「何でもいいよ」と言われるとアタにはかえってストレス。「自由」過ぎるのは案外楽じゃないんです。

本を読むのは好きだし、言葉もよく知ってる。語彙が増えたらすらすら書けるようになるかと期待してましたが、どうやらそういう問題じゃなさそう。
言葉のストックが増えると選択肢も増えて、今の感情にどの言葉がピッタリなのか、余計に迷うのかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.