くらし情報『新生児の平均体重って?健康状態をチェックして、病気を防ごう!』

2021年9月16日 11:10

新生児の平均体重って?健康状態をチェックして、病気を防ごう!

新生児の成長や体調の変化を把握する方法として、定期的に体重を測っておくことはとても有効です。しかし、初めて赤ちゃんを育てる方は、自分の赤ちゃんが順調に成長しているのかどうか、目安がないと判断が難しいですよね。そこで今回は、新生児の体重について解説します。

新生児の体重から健康状態をチェックしよう

目次

・新生児の体重から健康状態をチェックしよう
・新生児の体重はどうやって測ればよい?
・体重から疑われる病気は?
・体重から、新生児の健康状態をチェックしよう
新生児の平均体重って?健康状態をチェックして、病気を防ごう!


新生児がしっかりと育っているのか否かを判断する基準として、「体重」はとても重要なポイントです。ここでは新生児〜1歳までの平均体重や増えすぎている原因、増えない原因などを解説します。

生後12ヶ月までの平均体重は?
生まれたばかりの赤ちゃんの平均体重は、女の子が2.94kg、男の子が3.0kgです。そして、生後28日を過ぎ、1ヶ月検診をおこなうときの平均体重は、女の子が3.89kgであり、男の子が4.13kg。

新生児の体重の変化における平均は、1か月で1kg。つまり1日30gずつ増えることが平均的です。

体重が増えすぎる原因は?
新生児の体重が、平均を大きく上回って増えてしまうケースもあります。ですが、新生児の場合、増えている分には問題ありません。原因としては、母乳やミルクの飲みすぎと考えられます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.