くらし情報『園児 送迎バス置き去り死はなぜ起こったか【気になる!教育ニュース】』

2021年9月21日 10:21

園児 送迎バス置き去り死はなぜ起こったか【気になる!教育ニュース】

車内に閉じ込められた場合の対策は?
8月18日の読売新聞では、子どもが車内に閉じ込められた場合の対策を紹介しています。それによれば

・クラクションを鳴らす

・防犯ブザーを鳴らす

・物を窓にぶつけて音を出す

など、ポイントは「音」。クラクションはエンジンが止まっていても基本的には鳴るそうです。子どもに「エンジンが止まると車内が暑くなって危険」であることを教えた上で、クラクションを鳴らすなどの経験をさせると良いといいます(読売新聞)。

自分の目の届かない場所で、我が子の安全を守る、ということはとても難しい。

人手不足が常態化している保育園や幼稚園。一方、希望の園に入園できないため送迎バスを利用して、遠方の園に通わざるを得ない預ける側の事情。1つの問題を紐解いていくと、複雑に問題が絡まり合っていることがわかります。

保護者としては、園の安全対策の中身を確認し不安があれば園に伝え、どうしても必要があれば行政に報告しても良いのではないでしょうか。1人では園や周囲にも「メンドクサイ人」と思われそうで勇気が出ない……。そんな時に、力となるのは、ゆるくても保護者同士がつながっていること、かもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.