くらし情報『夜泣きのピークはいつまで?夜泣きが続く期間の対策や見守り方とは』

2021年10月2日 12:25

夜泣きのピークはいつまで?夜泣きが続く期間の対策や見守り方とは

多くのママが経験し、頭を抱える夜泣きですが、夜泣きが始まる時期やピークを迎える時期はいつごろなのでしょうか。この記事では、子供の夜泣きのピークについてご紹介します。夜泣き対策もご紹介していますので、子供の夜泣きにお悩みの方は参考にしてください。

夜泣きのピークを迎えるのはいつ?

目次

・夜泣きのピークを迎えるのはいつ?
・夜泣きの原因は何?
・おすすめの夜泣き対策法と注意点
・周りと協力しながら、夜泣きを乗り切ろう
夜泣きのピークはいつまで?夜泣きが続く期間の対策や見守り方とは


夜泣きの回数が多くなる、いわゆるピークを迎えるのはいつ頃でしょうか。

生後半年~1歳頃までがピーク
個人差がありますが、生後半年~1歳頃までがピークと言われています。日中に刺激を受けたことで、夜中に突然思い出し、泣き出してしまう子も多いようです。

2、3歳頃まで夜泣きする子もいる
なかには、2~3歳頃まで夜泣きをする子もいます。1~2歳頃は知能が成長するメンタルリープと呼ばれる時期です。脳の成長に気持ちが追いつかないことで、不安定になってしまうことが原因と考えられています。

夜泣きの原因は何?

夜泣きのピークはいつまで?夜泣きが続く期間の対策や見守り方とは


ここでは、夜泣きの原因として考えられるものをご紹介します。

脳の成長により起こるという説も
生後7ヵ月頃になると、記憶する脳が発達し、日々の生活のなかでさまざまなことを学習していきます。しかし、まだまだ未熟なので、寝ている間の脳の整理が追いつかず脳が疲れてしまうことも多いです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.