くらし情報『夜泣きのピークはいつまで?夜泣きが続く期間の対策や見守り方とは』

2021年10月2日 12:25

夜泣きのピークはいつまで?夜泣きが続く期間の対策や見守り方とは

そのため、夜泣きが起こりやすくなるという説もあります。

オムツなど何らかの不快感
おしっこが出てオムツが濡れた、部屋が暑い、寒い、お腹が空いたなどの何らかの不快感が原因となっていることもあります。赤ちゃんが泣き始めたら、まずは、オムツのチェックやおっぱいなどからチェックしていくと良いでしょう。

おすすめの夜泣き対策法と注意点

夜泣きのピークはいつまで?夜泣きが続く期間の対策や見守り方とは


ここでは、夜泣きの対策法と注意点をご紹介します。

早寝早起き、生活リズムを整える
毎日決まった時間に起き、眠るなどの生活リズムを整えることで、子供の体に生活リズムがつきやすくなります。また午前中に日光を浴びることで、質の良い睡眠を促すホルモンが分泌され、夜泣き対策におすすめです。

部屋の環境を整える
電気が付いていたり、テレビの音が聞こえていたり、赤ちゃんが眠りやすい環境が整っているか、一度見直してみましょう。ほかにも、部屋の温度や布団なども整えてあげると、より効果的です。

泣き止まないときの見守りは要注意
抱っこしても、音楽をかけても、何をしても泣き止まないときは、布団に寝かせて見守っているという方も多いかもしれません。ただ、見守る際には、周りに危険なものが無いか、ベッドから落ちないかなど、十分に周りの安全を確認しましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.