くらし情報『突然の母乳拒否。母乳を飲まない原因と悩む前に試したい3つの方法』

2021年9月28日 13:40

突然の母乳拒否。母乳を飲まない原因と悩む前に試したい3つの方法

赤ちゃんが突然母乳を拒否するようになった、哺乳瓶では飲むのに母乳は嫌がってしまうと、頭を抱えているママも多いのではないでしょうか。この記事では、赤ちゃんが母乳を拒否する原因とその対処法をお伝えしています。授乳でお悩みのママはぜひ参考にしてください。

赤ちゃんが突然母乳を拒否する原因は?

目次

・赤ちゃんが突然母乳を拒否する原因は?
・どれくらいの月齢で母乳拒否が起こる?
・赤ちゃんの母乳拒否、どう乗り越える?
・母乳拒否はよくあること、さまざまな方法を試してみよう
突然の母乳拒否。母乳を飲まない原因と悩む前に試したい3つの方法


今まで何事もなくおっぱいを飲んでいたのに、突然嫌がるようになった、哺乳瓶でなら飲むのに、おっぱいを拒否する。そんなときの原因をご紹介します。

哺乳拒否を起こしている
ナーシングストライキとも呼ばれる哺乳拒否は、一時的なもので通常2日~4日程度で治まることが多いようです(長い場合は一週間程度続くことも)。機嫌が悪かったり、体調が悪かったりと赤ちゃんの理由はさまざまあるため、理由を見つけて対処してあげるようにしましょう。

乳頭混乱になっている
乳頭混乱は、産まれてすぐ哺乳瓶での授乳をおこなっていた場合などに多くみられます。おっぱいと哺乳瓶の違いに混乱している状態です。おっぱいと哺乳瓶では、感触やにおいも異なるために拒否してしまうことも。

また、吸い始めてすぐに出る哺乳瓶と違い、おっぱいの場合は強い力で吸い続けなければ出ないために嫌がることもあるようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.