くらし情報『生後4ヶ月に適したミルク量や回数は?混合栄養で注意したいこと』

2021年9月27日 12:30

生後4ヶ月に適したミルク量や回数は?混合栄養で注意したいこと

生後4ヶ月になると飲むミルクの量も増え始めるため、どのくらいあげるのが適切なのか悩むママも多いかもしれませんね。

実は、ミルクの量や回数は月齢に応じて目安があるのです。そこで今回は、生後4ヶ月に適したミルクの量や回数をご紹介します。

生後4ヶ月の赤ちゃんの特徴

目次

・生後4ヶ月の赤ちゃんの特徴
・生後4ヶ月のミルクの量と回数は?
・混合栄養の場合に注意したいミルクの量
・生後4ヶ月の目安量を参考にミルクをあげよう!
生後4ヶ月に適したミルク量や回数は?混合栄養で注意したいこと


そもそも生後4ヶ月の赤ちゃんは、どのような特徴があるのか確認していきましょう。

生後4ヶ月の身長や体重
厚生労働省の乳幼児身体発育調査によると、生後4ヶ月の男の子と女の子の身長と体重は、それぞれ以下のとおりです。

【男の子】

・身長 59.9~68.5cm

・体重 5.7~8.7kg

【女の子】

・身長 58.2~66.8cm

・体重 5.4~8.2kg

生後4ヶ月は、これまでの成長が嘘かのように身長や体重の伸びが少しずつ緩やかになります。

厚生労働省の乳幼児身体発育調査

生後4ヶ月の睡眠リズム
生まれたばかりの頃は睡眠リズムが不安定ですが、生後4ヶ月になると徐々に安定してきます。1日の睡眠時間は、12~15時間ほどです。

生後4ヶ月の赤ちゃんは昼寝もしますが、夜にまとめて寝てくれる赤ちゃんも増えてきます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.