くらし情報『夜泣きと発達障害との関係性は?原因や症状を見てみよう!』

2021年10月9日 14:56

夜泣きと発達障害との関係性は?原因や症状を見てみよう!

子供にとっての睡眠は、脳や身体の発達にとって欠かせないものです。夜泣きによって十分な睡眠がとれないことで、これらの発達が遅れてしまうことは、非常に心配してしまうところです。そこで今回は、夜泣きと発達障害の関係性について解説します。

夜泣きの原因が睡眠障害である可能性も!

目次

・夜泣きの原因が睡眠障害である可能性も!
・発達障害の症状としての睡眠障害
・決めつけは危険!まずは専門家に相談しよう!
夜泣きと発達障害との関係性は?原因や症状を見てみよう!


夜泣きのなかには、原因が睡眠障害である可能性も考えられます。睡眠障害にもさまざまな種類があり、悪化することで抱える発達障害のリスクも異なります。ここでは「不眠症」「過眠症」「睡眠覚醒リズム障害」3つの睡眠障害に分けて、つながりの深い発達障害を紹介します。

子供の不眠症
前提として、赤ちゃんが成長するために必要となるホルモンは、寝てる間に多く分泌されます。つまり不眠の状態が続くと、成長ホルモンの分泌が遅れてしまうということ。これによるリスクは「発達障害」です。

また発達障害の二次症状として「不眠」が見られるケースもあります。

子供の過眠症
子供の過眠症も注意しなければなりません。一見すると、よく眠れているならば、成長に悪影響はないように感じます。

しかし過眠症の状態が長く続くことで、日中物事に集中できず「学習障害」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.