くらし情報『【イギリスの妊娠・出産②】出産翌日までにほとんどが退院。自宅が一番リラックスできる場所』

2021年10月12日 10:40

【イギリスの妊娠・出産②】出産翌日までにほとんどが退院。自宅が一番リラックスできる場所

英国王室のキャサリン妃が出産後すぐに退院した映像を観て、びっくりしました。しかも自然分娩で、すらりとしてメイクもばっちり! 同時期に出産してぼろぼろだった私は、特に打ちのめされました。

彼女が特別なのでしょうか?
実は、イギリスでは出産当日か翌日には、皆退院します。「最高にリラックスできるのは自宅」という考え方と、すぐに退院してもやっていける仕組みがあるからです。

【イギリスの妊娠・出産②】出産翌日までにほとんどが退院。自宅が一番リラックスできる場所

地域にあるチルドレンズセンター(公立)での親子遊び(ハーバートひとみさん提供)

出産する場所、体勢は妊婦の好きなように
イギリスでは、妊娠34週に入ってから産む場所を決めます。
自宅で出産する人の割合の全国平均は2%強。ロンドンでは年平均4%程度(注8)。

おざわさんによると
「国民保健サービスであるNHS(注2)としては、健康な妊娠をしている女性は、自宅か院内助産院で、助産師だけに支えられてお産をすること、つまりお産が始まったとき、問題がないかぎり産科病棟にはいかないことを勧めています。

2011年の調査により、出産環境がお産に大きな影響を与えることが分かりました。病棟ではなく自宅や院内助産院での出産の方が時間は短く、医療的介入が必要になることも少ないと示されました(注1)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.