くらし情報『新型コロナウィルス:ある一家の自宅療養記(イギリス)』

2021年10月3日 10:46

新型コロナウィルス:ある一家の自宅療養記(イギリス)

2021年8月、日本ではコロナ陽性による自宅療養者が激増しました。入院できない、自宅で死亡、などショッキングなニュースを目にしましたが、海外ではどのようなことが起きたのでしょうか?

イギリスで、6月にコロナ自宅療養を終えた小林かおりさん(仮名)に話をききました。ご夫婦と小学生低学年のお子さんとの3人暮らしです。

それは、ご主人のあやしい咳からはじまりました。

陽性とわかるまで
ご主人の咳の様子から、かおりさんは「家族全員、コロナの検査を受けてみよう」と思ったそうです。

早速、国民保健サービス(NHS*)が運営するウェブサイトにアクセス。

指示に従って、自分で症状を入力し、フローチャート式に最後まで進みます。すると、歩いて5分程度のPCR検査施設が自動的に割り振られました。スマホに送られてきたQRコードが、検査のための確認証となります。

イギリスでは、全国民(条件を満たせば一時滞在者もOK)がNHS番号を持っているため、国に一元管理され、居住地域でその時必要な医療サービスが受けられます。

48時間以内に結果が分かると言われ、帰宅。
PCR検査を受けた夜、かおりさんは少しだるさを感じましたが、翌日もリモートワークで働ける、大丈夫、と感じる程度の症状でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.