くらし情報『第8回 「お金」はないが「時間」はある社会』

2021年9月28日 14:06

第8回 「お金」はないが「時間」はある社会

〜マネーリッチではなく、タイムリッチという生き方〜

フィジー人はお金がないのに、時間があります。その結果、世界幸福度ランキング1位。私たちを幸せにするのは「お金」ではなく「時間」なのかもしれません。

世界でいちばん貧しい大統領として有名なホセ・ムヒカ氏の言葉。
「物であふれることが自由なのではなく、時間であふれることこそ自由なのです」

日本人は「やらなければならないこと」を見つけ出す秀才。
フィジー人は「やらなくていいこと」に仕分けする天才。

その違いはどこからくるのでしょう?
ビジネス書でよく使われている「重要度と緊急度のマトリクス」というのがあります。「緊急度は低いが重要度が高い」ものをやろうと書かれているが、なかなか難しいです。

私たちは「より速く、より良く」を目指しすぎていて、なんでもかんでも「重要」だと「緊急」だとカテゴライズしがちなのではないでしょうか。

Nothing is important(重要なものなどない)
Nothing is urgent(緊急なものなどない)

フィジー人のライフスタイルをみていると、そんな感じです。
結果、日の出から日の入りまで1日は長く、人生を謳歌しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.