くらし情報『乳幼児のコロナ対策にはどんな点に注意すればいい?疑問点を解説』

2021年10月21日 09:00

乳幼児のコロナ対策にはどんな点に注意すればいい?疑問点を解説

もしもの場合の対処法

乳幼児のコロナ対策にはどんな点に注意すればいい?疑問点を解説


もしも、コロナに感染した場合、どのような対処をしたらいいのでしょうか。

乳幼児が発熱などの場合
発熱がある場合は比較的元気ならば少し様子見し、かかりつけの小児科や保健センターなどに相談してみましょう。大人に比べ重症化のリスクは低いとはいえ、基礎疾患がある、また2歳未満の子どもの場合は注意が必要です。

発熱が続く、元気がなくぐったりしている、呼吸が苦しそうなどの場合は、すぐに病院を受診しましょう。

家族が感染した場合
家庭内での子どもへの感染が増えていますので、まずはパパやママが感染しないことが一番です。

もし家族で感染者が出た場合は、なるべく部屋を別にし、換気や手洗い、部屋の備品の消毒なども徹底しましょう。家庭内感染を防ぐために、子どもを預けられる先を決めておくことも大事です。

コロナ対策には家族みんなで取り組もう

乳幼児のコロナ対策にはどんな点に注意すればいい?疑問点を解説


コロナ対策は、誰か1人がおこなえばいいものではありません。特に小さな子どもがいる場合は、自分が感染してしまうと子どもの面倒を見ることができなくなってしまいます。

家庭内感染が増えてはいますが、家族みんなでコロナ対策に取り組んでいきましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.