くらし情報『第9回 「すべらない話」ではなく、「すべらせてくれない社会」』

2021年10月14日 10:30

第9回 「すべらない話」ではなく、「すべらせてくれない社会」

ダウンタウン松本人志さんの「すべらない話」というテレビ番組をご存知でしょうか? 話芸の達人たちが集まり、笑いのスペシャリストに囲まれた状態で、絶対にすべらない話を発表するものです。極限のプレッシャーの中で繰り出される珠玉のネタは、緊張と緩和によって爆笑を生み出していきます。

視聴者として見ている側は楽しいですけど、演者側のストレスはハンパないんだろうなと想像できます。おもしろくない話をすると「さむいヤツ……」という不名誉な烙印を押されて傷ついてしまいます。

一方、フィジーの場合、「すべらない話」をする猛者がいるわけではないです。でも、絶対にすべりません。なぜなら、どんなしょうもない話であっても、まわりがウケてくれるからです。「すべらせてくれない社会」がそこにはあります。

たとえば、ホテルの受付で「チェックイン、お願いします」と言うと、レセプションの人が「今日、ホテルは閉館ですよ」などと冗談をかましてきます。つまらないジョークです。でも、他の従業員たちはそれを聞いて大笑いしてたりします。

フィジー社会は常に「冗談」が飛び交っています。そのクオリティーはどうであれ、笑顔の花がたくさん咲いています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.