くらし情報『子どもとのお風呂時間と昔話』

2021年10月15日 17:00

子どもとのお風呂時間と昔話

我が家では、もうずいぶん前から子どもと一緒にお風呂には入っていません。

これはおそらく、長期休暇を利用してフランスとの行き来をしていたためだと思います。向こうでは、大概、いくら子どもが小さくても同じバスタブに浸かることはなく、親は洋服を着たまま傍にいながら、子どもの体を洗ってあげるのが通常です。

息子も、フランスに行けばバスルームには洗い場がないので、小さいうちからバスタブに1人で入っていました。私は脇でシャンプーを泡だてたり、シャワーの温度調整をしたり、背中を流してあげたりという役です。

そして日本に帰ると、今度は日本流に一緒に湯船に入る。

そうこうしているうちに、日本でも早々に、一緒には入らなくなったのです。体を洗ってあげたら、あとは私は脱衣所でタオル片手に待機。

5歳ぐらいでしょうか。まだ保育園では先生方から「お風呂の時間は大切なスキンシップの時間です」「たっぷりと時間をかけるように」と言われている頃でした。

なんとなくお風呂の時間がフランス流になってしまった我が家です。保育士さんの指示通りにはできない代わりに、潔白を証明するかのように、「寝る前には膝に乗せて読み聞かせをしているので、大丈夫です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.