くらし情報『妊娠線のケアはいつから?妊娠線ができやすい人や時期をご紹介』

2021年10月20日 09:30

妊娠線のケアはいつから?妊娠線ができやすい人や時期をご紹介

この記事では、妊娠線がいつからできるのか、できやすい人の特徴などをご紹介します。妊娠し、お腹が大きくなることでできる妊娠線。ある程度は仕方のないこととはいえ、産後もお腹に跡が残ってしまうので、できることなら無いほうが良いと考える人も多いでしょう。ぜひ参考にしてくださいね。

妊娠線はいつからできる?

目次

・妊娠線はいつからできる?
・妊娠線ができやすい人の特徴は?
・妊娠線予防はいつから?
・妊娠線予防は、健康的な妊娠生活につながる
妊娠線のケアはいつから?妊娠線ができやすい人や時期をご紹介


まずは、妊娠線ができやすい時期をお伝えします。妊娠線ができやすい時期を知っておくことで、予防する時期の参考にもなります。

妊娠5ヵ月頃にできる人が多い
妊娠線は、皮膚の伸縮に皮膚の組織が対応できなくなることで起こります。お腹の赤ちゃんが成長することでお腹が大きくなり始め、急激な皮膚の伸縮が起こることで、妊娠線ができやすいと考えられます。そのため、お腹が大きくなり始める、妊娠5ヵ月頃に妊娠線ができる人が多いようです。

個人差も大きい
お腹が目立ち始める時期は個人差があるため、必ずしも妊娠5ヵ月頃に妊娠線ができるというわけではありません。なかには、分娩の際に妊娠線ができてしまったという人もいます。お腹が大きくなるだけでなく、妊娠中に体重が急激に増えることでも起こりやすいです。

妊娠線ができやすい人の特徴は?

妊娠線のケアはいつから?妊娠線ができやすい人や時期をご紹介


ここでは、妊娠線ができやすい人の特徴をご紹介します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.