くらし情報『妊娠線のケアはいつから?妊娠線ができやすい人や時期をご紹介』

2021年10月20日 09:30

妊娠線のケアはいつから?妊娠線ができやすい人や時期をご紹介

お腹が目立つ前から保湿を
一般的に、妊娠5ヵ月頃からお腹が目立ち始める人が多いです。お腹が目立ち始めるということは、皮膚が引き延ばされている状態なので、お腹が目立ち始める前からの予防がおすすめ。自分のお腹の様子や体調を考慮し、妊娠4ヵ月頃を目安に保湿ケアを始めていくと良いでしょう。

妊娠初期からの食生活管理は妊娠線予防にも
妊娠初期はまだ胎盤が完成していないため、赤ちゃんの栄養になるわけではありませんが、妊娠初期から食生活の管理をしておくことは、安全なお産にもつながります。母体が健康であることが第一で、食生活が整うことで妊娠線予防にもなり、一石二鳥です。

妊娠線予防は、健康的な妊娠生活につながる

妊娠線のケアはいつから?妊娠線ができやすい人や時期をご紹介


妊娠線予防で食生活や生活習慣を整えることは、健康的な妊娠生活を送ることにもつながります。妊娠中は、免疫機能が低下しやすく病気になりやすい時期でもあるため、できるだけ自分の身体を自分で守れるように身体の内側から整えておきましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.