くらし情報『妊娠線がひどいのはなにが原因?できやすい人や時期と予防法とは』

2021年10月20日 16:00

妊娠線がひどいのはなにが原因?できやすい人や時期と予防法とは

妊娠すると妊娠線ができると聞いたけれど、どんな原因でできるのか、予防法はあるのか気になるママも多いのではないでしょうか。今回は、ひどい妊娠線がなるべくできないように、妊娠線ができる原因やその予防法について詳しく解説していきます。

妊娠線とは?

目次

・妊娠線とは?
・妊娠線を予防する方法
・こまめにケアして妊娠線を予防しよう
妊娠線がひどいのはなにが原因?できやすい人や時期と予防法とは


妊娠の週数が進み、だんだんとお腹が大きくなっていくと、お腹にしまのような線が縦に出てきます。これが妊娠線です。妊娠線について詳しく見ていきましょう。

妊娠線ができる原因
妊娠線ができる原因は、急激に大きくなっていくお腹によって皮膚がのびていきますが、すぐ下にある脂肪や皮下組織は皮膚と一緒にのびていくことができず肉割れを起こします。この肉割れを起こし、ひび割れのような線が妊娠線です。

また妊娠線はお腹だけでなく、脂肪が付きやすい太ももやお尻、二の腕、乳房周りなどにもできます。

妊娠線ができやすい人って?
多くの妊婦さんが経験する妊娠線ですが、できやすい人には特徴があります。それは、以下のとおりです。

  • 短期間で体重が増加した人
急激な体重の増加などの場合は、同じく急激に皮膚ものばされてしまいます。それに耐え切れず、妊娠線ができてしまうのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.