くらし情報『タブー視しないで! 子どもに伝えたい性の話』

2021年10月25日 08:39

タブー視しないで! 子どもに伝えたい性の話

性教育を「思いやりを育てる」という観点でのみ捉えてしまうと、こういった行為は抑制できない。思いやりというのは非常に曖昧で、相手や場面によって変化するものだからです。

―曖昧な倫理観を前提とするのではなく、境遇や状況によって左右されないメッセージが性教育の根幹にあるべきということ?

A:権利だと思っています。自分の体のことは自分で決めてよい。それはあなたの権利。そしてその権利は、あなたと同じように相手も持っている。だから自分の体も相手の体もきちんと知り、お互いを尊重することが大切なんだよと伝えたいですね。

ご家庭でお子さんに性について語るとしたら、きっかけとしては

・「赤ちゃんはどこから来るの?」などの子どもからの質問に答える形で話を進める

・絵本を一緒に読んでみたり、親からのアプローチで進める

などが良いですよ。楽しく親子で話をすることが一番大切です。

学校での性教育の必要性

「寝た子を起こすな」という理由で学校で性行為を教えることに反対する声があります。けれど、アクロストンのワークショップでの子どもたちは、実に素直に驚いたり、真剣に考えたり。その様子に、子どもは正しい情報を求めていて、自分で選択したいと思っているのに、阻んでいるのは性をタブー視する大人の方なのだと痛感します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.