くらし情報『親がプレッシャーをかけてはいけない!受験生との付き合い方を解説』

2021年11月1日 16:26

親がプレッシャーをかけてはいけない!受験生との付き合い方を解説

初めての受験を控えた子供を抱える親にとって、悩ましいのが付き合い方。過度なプレッシャーは子供の可能性を潰してしまう事態にも成りかねません。受験生の親はどのように子供と向き合えばよいのか、ここで解説していきます。

知らずにプレッシャーをかけてしまっている!?

目次

・知らずにプレッシャーをかけてしまっている!?
・過度なプレッシャーは教育虐待ともいえる
・プレッシャーをかけることのリスク
・プレッシャーによるストレスを軽減するには?
・受験生の親は、プレッシャーのかけすぎに注意
親がプレッシャーをかけてはいけない!受験生との付き合い方を解説


受験を控えた子供は、親が思っているよりもナーバスになっていることが多いです。受験生だった頃に「親から言われて嫌だったこと」に対するアンケート結果を紹介します。

  • 〇〇は学校に受かったそうだよ
  • 大丈夫?受かりそう?

過度なプレッシャーは教育虐待ともいえる

親がプレッシャーをかけてはいけない!受験生との付き合い方を解説


近年では、受験に対する過度なプレッシャーを子供に与えてしまうことは「教育虐待」とまで言われています。親としては「子供の将来のため」と思い、教育に情熱を注いでいますが、本人には大きなストレスとなっている可能性も。ここでは、教育虐待とは何なのか、解説します。

教育虐待とは?
教育虐待は、幼稚園児や小学生など、幼いうちから「小学校(中学校)受験」をさせる親が増加した近年ならではの言葉。子供の将来を見据え、早いうちから良質な教育を受けさせたいと思うあまり、親の意思で受験勉強をさせてしまうことが、教育虐待へ繋がると考えられています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.