くらし情報『子育てと介護のダブルケアは、家族の協力が不可欠。上手に負担を分散』

2021年10月27日 14:38

子育てと介護のダブルケアは、家族の協力が不可欠。上手に負担を分散

この記事では、子育てと介護のダブルケアが引き起こす家族への負担や、その負担を軽減する方法をお伝えします。ダブルケアラーは年々増加傾向にあるため、社会問題としても重要視されています。誰にでも起こりうる問題なので、ぜひ参考にしてください。

子育てと介護の両立で、家族の負担は倍増?

目次

・子育てと介護の両立で、家族の負担は倍増?
・家族の介護に限界を感じる方も多い
・突然始まるダブルケア、家族でどう備える?
・介護はいつ始まるかわからない、元気なうちに相談を
子育てと介護のダブルケアは、家族の協力が不可欠。上手に負担を分散


子育てと介護、どちらか片方でも家族への負担は大きいのに、両方を同時におこなうダブルケアラーの負担は想像を絶するものでしょう。ここでは、ダブルケアラーが抱える負担をお伝えします。

核家族が増えたことで、負担が大きい
晩婚化や少子化が重なり、現代の日本では、子育てと介護が同時にやってきてダブルケアをこなさなければならない方が増えつつあります。また、家族の在り方にも変化が見られ、核家族が多くなっているため、ダブルケアによる家族への負担も大きくなってしまうのです。

子育てと介護の気の抜けない日が続く
子育てと介護は、乳幼児や要介護者から目が離せず、気の抜けない日々が続くため、介護者の精神的負担は大きいでしょう。ある調べでは、主に介護している人は一人という結果も出ており、多くは母親であり、介護者としての役目も担っているという方が目立ちます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.